【福岡】写真スタジオ(フォトスタジオ)をおすすめランキングでご紹介!【口コミでも人気の写真館を厳選比較!】

写真スタジオのマタニティフォトタイミング

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/03/31


福岡県内で結婚をして念願の妊娠がわかると、初めてママやパパになる方は赤ちゃんとの対面が待ちきれないという方も少なくありません。家族写真といえば子どもが誕生した記念として撮影を行うという方が多かったですが、最近でははじめての家族写真としてお腹に赤ちゃんがいる時に撮影を行うマタニティフォトが注目されています。

マタニティフォトを撮影するメリットとは?

近年注目されているマタニティフォトとは家族写真の原点になる記念写真であり、我が子との最初の思い出として残しておきたいという方におすすめです。これは中で赤ちゃんが段々と成長していき大きくなったお腹をメインに撮影を行うもので、出産後では撮影できない妊娠中という限定された期間を形として残すことができます。

実際にこの家族写真を撮影するメリットとして、お腹の大きい今だからこそ残すことができる貴重な写真が一生手元に残ることや、我が子がしっかり育っている状態を客観的に見ることで幸せを強く実感できること、これから生まれてくる子どもに写真を残しておくことで見せてあげることができるといった3つが挙げられます。

子どもにとっても自分が母親のお腹にいた時の写真を見ることは非常に貴重な体験となりますし、家族で思い出を振り返る時間を持つことができることも魅力です。福岡にある写真スタジオではマタニティフォトのプランを用意しているところが増えてきており、福岡市内で結婚されたご夫婦を中心に若い年齢層の方から人気が高くなっています。

マタニティフォトを撮影するタイミングは?

実際にマタニティフォトを撮影しようと思っても、どのタイミングで撮影を依頼すればいいのかわからない、という声も実は少なくありません。一般的にベストなタイミングは、妊娠9ヶ月頃といわれています。妊婦さんによってお腹の出方には個人差がありますが、妊娠9ヶ月に入る頃にはマタニティっぽさがないということはほぼなくなるからです。

ただし、9ヶ月後半以降になると妊婦さんも身動きがしにくくなったり、人によっては早く赤ちゃんが降りてきてしまうため、医師からも安静にしておくように指示される可能性があります。そのため写真スタジオに予約をする場合は、8~9ヶ月頃を目安に連絡を入れることをおすすめします。

しかし妊娠2人目という場合には、初産よりもお腹が大きくなるスピードが早いと感じる妊婦さんは多いです。そこで、赤ちゃんが2人目で撮影を希望されるなら、1人目で撮影をした時よりも早めのタイミングにすることが大切です。大体7ヶ月頃以降になると撮影が行えるほどお腹の大きさが目立ち始める方が多くなります。

撮影時期が早すぎ、遅すぎがよくない理由

マタニティフォトを撮影する場合に臨月以降でも撮ることは充分に可能ですが、妊娠37週以降になると正産期と呼ばれる時期に入るため、いつ子どもが産まれてきてもおかしくないといわれています。初産の女性にとって正産期に入ると突然陣痛が始まるという方も少なくないため、場合によっては予約を入れて準備をしていても出産をしてしまい、写真で残せないといった状態になる可能性も出てきます。

また出産が近づくとお腹の赤ちゃんは産まれてきやすくなるようにだんだん下に降りていきます。そのためふっくらと大きくなったお腹をメインにした写真にするなら、撮影しやすい9ヶ月頃はベストタイミングです。

一方で安定期に入った頃など妊娠中期に撮影をしたいという方も多いですが、その時はまだまだお腹の大きさが目立ちにくいという方も少なくありません。身に付けている衣装によってはマタニティ感がわかりにくくなる恐れがあるので、写真スタジオ側からも後の時期にずらしましょうと提案される可能性もあります。1人目の妊娠時に家族写真を撮っておきたいと考えているなら、最低限でも8ヶ月の妊娠後期以降での予約を入れることをおすすめします。

マタニティフォトを福岡の写真スタジオに頼む理由

マタニティフォトのプランを提供している福岡の写真スタジオは増えてきていますが、中にはお腹を出す写真をプロに任せるのは不安、という方もいますし、自宅で撮ればいいのではと自分達で撮影を行うご夫婦も少なくありません。

自宅での記念写真ならば妊婦さんが一番リラックスした状態で撮影が行えるので、よりアットホームでぬくもり溢れる記念写真になりますが、やはり写真スタジオでプロのカメラマンに依頼する方が仕上がりは格段によくなります。また写真スタジオでの撮影は天候や季節に左右されないメリットがあるので、デリケートな妊婦さんに負担がかかるリスクの心配がありません。

フォトスタジオでは希望に沿った形でおしゃれな小物やシチュエーションで撮影を行えますので、より思い出深い写真を撮ることが可能です。ただ多くの場所では真っ白の背景で撮るプランが人気であり、シンプルな背景だからこそ小物や服装にこだわることができると人気があります。こういった写真スタジオそれぞれの特徴を理解して、夫婦の希望の撮影を行ってくれる場所に依頼しましょう。

撮影時に身に着ける服装はどのようなものにすればいいのか

マタニティフォトの撮影を行う際、多くの方が悩まれるのが撮影時に身に着ける服装だといわれています。衣装によって写真の雰囲気はいくらでも変えられるといわれており、当日の衣装選びは非常に重要なポイントといえます。もし普段のナチュラルな自分たちを撮影したいと考えているなら、ご夫婦が普段身に付けている私服で撮影を行うという方法も人気があります。

ただ私服選びのポイントとして押さえておくべきなのが、妊婦さんのお腹のふくらみがしっかり見てとれるものを選ぶことです。人気が高いのが体にぴったりと沿うスタイルのワンピースで、普段の日常的な雰囲気を残しつつもしっかり記念写真らしい演出を行うことができます。

より特別感を演出したいならマタニティドレスを身に着ける方法も人気が高く、海外で撮影される場合は一般的にマタニティドレスを選ぶといわれています。通常のドレスとは異なり大きくなったお腹を強調する作りとなっているので、お腹が大きく空いているデザインが魅力です。お腹周りを締め付けないので妊婦さんも着用感が楽なため、おしゃれでかわいく機能性の高いドレスを選ぶ方は増えています。

ウェディングフォトと兼用して撮影する方法も人気

福岡の写真スタジオではさまざまな用途にあわせて魅力的な写真プランを提供している場所が増えてきています。最近では結婚式を挙げずにウェディングフォトを撮影するだけにするカップルも少なくないため、妊娠のタイミングによって結婚式を挙げずウェディングフォトとマタニティフォトを兼用したいという方も増えています。

妊娠時期の家族写真では身に着ける衣装によって雰囲気をぐっと変えることができるメリットがありますが、一般的に着用される私服やマタニティドレスではなくあえてウェディングドレスを選択するというカップルも少なくありません。最近ではウェディングドレスの種類も幅広く、お腹が大きくなっている妊婦さん向けにデザインされた物が増えてきています。

お腹周りを締め付けないエンパイアラインは胸の下から切り替えが入っているので、どんなに大きくなっても着用でき、サイズ変化などを気にせずに着用ができるメリットがあります。もしウェディングフォトも兼用するなら、取り入れる小物としてティアラやハクレイと呼ばれる花冠など、アクセントとなるヘアアクセサリーを取り入れることでオリジナリティのある写真に仕上がるでしょう。

 

マタニティ期に撮影するマタニティフォトは出産後に行う家族写真とは違った思い出や、記憶としてぜひ撮影をして残しておきたいと考えるカップルやご夫婦が増えてきています。ただ妊婦さんの体調面を考えて、撮影を行うタイミングなどを見ながら妊婦さんの体調を整えた状態で記念の一枚を福岡の写真スタジオで残してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
福岡の写真スタジオランキング!
アトリエ木下のメイン画像2
第4位 杉田写真館
杉田写真館の画像
写真スタジオコラム